不眠症治療と改善ルームTOP > 不眠症を治す方法とは? > うつ病と不眠症について

うつ病と不眠症の関係

 

うつ病の治療を優先させる

うつ病は不眠症を自然に発症します。
夜寝れない原因はうつ病にあるのですから、うつが治れば、しぜんと不眠は改善されます。つまり、不眠は一症状にすぎないということです。

うつ病というと、気分障害であり、気分の落ち込みが長く続く症状です。
これには中枢神経系の異常がかかわっており、抗うつ薬やカウンセリングなどによって治療が行なわれます。夜寝付けない場合は、睡眠薬を処方することもありますが、なによりも根本のうつ病の治療が優先されます

うつ病の不眠症は、寝つきにくい症状は少なく、早朝覚醒が現われやすいといわれています。また夜中に目覚めたりなどします。寝たと思ったら数時間で目覚めてしまい、深い眠りへと入っていけなくなります。そのためノンレム睡眠によって大脳が休まらず、レム睡眠によって精神疲労が回復できなくなるので、心身ともに疲れきってしまいます。まさに悪循環にはまってしまうわけです。

うつ病と神経症

うつ病の不眠症は、よく神経症性の不眠が比較対象になります
ことごとく反対の症状を示すからですね。精神生理性不眠の患者さんは、「今夜も眠れないのでは?」という予期不安を持ちがち。しかし、うつ病の患者さんでは、そのような取り越し苦労はありません。

また神経症による不眠症では、不眠を主な訴えにし、苦しさを綿々と訴えます。
いっぽう、うつ病による不眠症の患者さんでは、不眠の苦しみを強調することは少ないようです。冒頭で述べたように、うつにとって不眠は一症状にすぎないのです。食欲不振や体重減少、気分の抑揚、気持ちの落ち込みなど、ほかにもいろいろな問題をかかえているのです。

うつ病に掛かりやすい人

うつ病は不眠を招くわけですが、どういった人がかかりやすいのでしょうか?
まず正義感が強く、自分に厳しいタイプ。そのため、うまく事が運ばないと、自信喪失になり、うつ状態になりやすいといわれています。感情の抑揚が、もともと大きいわけですね。

協調性が高く、まわりの依頼を断れないタイプも、うつ病になり不眠症にかかりやすいといわれています。人に良く思われたいために、自分の感情を押しころしてしまう。処理能力を越えるような無理難題を押し付けられて、断りきれずに、それを引き受けた場合、許容量オーバーとなります。

普通の人でも、うつの危険がある

そのほか普通の人でも、睡眠不足によってうつ状態になり、それがさらに不眠症を招くという悪循環になることがあります。たとえば、仕事で一ヶ月のうち半分くらい徹夜をしている人。睡眠時間が十分とれないために、精神疲労を回復させるレム睡眠が取れなくなります。レム睡眠には、うつ病を予防する役割があるのです。
挙句の果てに、自殺にまで追い込まれるという事件が実際に起きています。

うつ病を起こす生活要因と、改善方法

そのほか日中のすごし方や食事内容によっても、うつ病から不眠症を発症することがあります。うつ傾向が強くなる生活パターンは次のようなものです。

  • トリプトファンの摂取量が少ない
  • 太陽の光に当たっていない

トリプトファンは牛乳や肉類、大豆、バナナなどに含まれている必須アミノ酸。
脳内で、神経伝達物質であるセロトニンに変わります。そのためトリプロファンの摂取量が少ない人は、体内でセロトニンが作られる量が少なくなります。その結果、うつ症状を引き起こす可能性があります。

セロトニンはそれ自体を摂取したり、あるいは点滴で補うことはできません。
かならずトリプトファンという形で摂取し、体内で分解する必要があります。

セロトニンは、太陽の光に当たっても体内で作られます
またウォーキングや咀嚼などの単調な動きでも、セロトニン産生量は増加します。ですから昼間に外をウォーキングすると、太陽と単調な運動により、セロトニンの産生量を増やして、うつ病からの不眠症を治療できる可能性があります。

そのほか音読がよいもいわれています。
ちなみに味噌に含まれているメチオニンは、抗うつ薬としても使われています。別に医者にかからなくても、自宅でも味噌料理を増やせば、自然の抗うつ薬を摂取できるわけですね。しかも自然の食材なので、副作用がありません。そのほか爪もみ療法で、薬指を揉むと交感神経が優位になり、うつ病の不眠症治療に効果があるといわれています。

不眠症を治療するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら