不眠症治療と改善ルームTOP > 不眠症を治す方法とは? > 不眠と食欲不振について

不眠と食欲不振を考える

 

不眠は食欲を旺盛にさせる

不眠と食欲不振が同時に起こることがあります。

通常は、不眠になると脂肪細胞からのレプチンというサイトカインの分泌量が低下します。レプチンは満腹中枢に作用して、食欲を抑える作用があります。そのレプチンの分泌量が減るわけですから、本来、不眠になると食欲旺盛になるはずです。また不眠症になると、胃からのグレリンの分泌量も多くなります。これは摂食中枢を刺激して、食欲を旺盛にさせます。

ですから、不眠が食欲不振の原因になっているとは、考えにくいことになります。そのほか、脳内のセロトニンは満腹中枢に作用して、食欲を抑える働きがあります。不眠になるということは、セロトニンやメラトニンの分泌量が少ないということ。そのため本来は、食欲は抑えられないはず。睡眠不足は肥満の元になるということは、周知の事実です。

それなのに、いったいどうして不眠が食欲不振を引き起こすのでしょうか?
うつ病になると食欲不振や体重減少の症状が現れるといいますから、この辺に原因がありそうです。

ストレスと自律神経の乱れ

ストレスのために、何だか喉を通らないということがあります。
つまり不眠で食欲不振になるのは、自律神経が乱れて、交感神経が優位になりすぎているものと考えられます。

ものを食べるというのは副交感神経の反射です。
人はストレスがかかると、それを和らげようとして、甘いものをほしがったりします。それによって交感神経に傾いた心身を、無意識のうちに副交感神経優位にしようとするわけですね。つまり、こういった自然な行動が起きてこないほど、自律神経失調症になっているわけです。

それは心身症のように、多分に精神的なストレスや悩みがかかわっていることが考えられます。そのため不眠症治療のためには、まずは悩みの元になる問題を解決することが先決になります。

漢方薬を飲んでみる

もしどうしても問題が解決しない場合は、不眠と食欲不振を改善するために、漢方薬を利用するといいかもしれません。今回の場合は、不眠症が原因というよりも、もっと根本の自律神経の乱れが不眠や食欲不振を引き起こしています。そこで漢方によって不眠を治療するのです。

漢方は、その人の体質や症状に合わせて、生薬を調合するので、体に無理がかかりません。体が持つ自然治癒力を引き出していくので、肩こりや頭痛、便秘など、そのほかの不定愁訴も同時に改善していきます。

そのほか不眠と食欲不振を治すには、ハーブやアロマテラピーを利用するという方法もあります。ベンゾジアゼピン系の睡眠薬と違って、副作用がまったくないので安心です。

不眠症を治療するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら