不眠症治療と改善ルームTOP > 不眠症を治す方法とは? > 枕が不眠の原因に?

枕が不眠を引き起こすことがある

 

枕が不眠の原因になっているかもしれません。
今現在使っている枕が、あなたにフィットしているのか、本当に良質なのかチェックしてみましょう。

枕の高さ

枕が不眠の要因になる場合は、その高さが最も問題になります
最近は首の部分が高く、後頭部が低い枕が普及してきました。人間の体の自然な構造を意識した安眠枕が、開発されてきているわけです。

良い枕の形は、立っているときの人の首のカーブを、寝ているときにもそのまま再現できる枕であるといわれています。しかし実際には、これは誤りです。人は仰向けに寝ると、立っているときよりもカーブがゆるむからです。そのため、やや低めの枕を選ぶとよいのです。

枕が不眠に影響している場合、枕が高すぎることがあるのです。
一般的には、敷布団から首の間に、こぶし一つが入るくらいが適切な高さといわれています。しかし、これはあくまで目安です。人それぞれ頚椎のカーブは異なりますので、実際に計測してもらうなどして、最適な快眠枕を選ぶようにしましょう。

首の部分が高すぎると、首筋や肩を圧迫してしまいます。
その結果、肩こりや寝違いを招くことになります。頚椎には大事な中枢神経系が通っているので、ここは圧迫しないほうがよいのです。そのほか首筋を圧迫すると、頭部への血行不良から、眠りが浅くなる危険もあります。

枕が低すぎても不眠の原因に

かといって枕が低すぎたり、枕を完全に外してしまうと、これもよくありません。
枕には、頭を心臓よりも高くすることによって、睡眠中に血液が頭部に行き過ぎないようにする役割があります。もし枕をしないで寝ると、頭に血がのぼってしまい、朝目覚めたとき、顔がむくんでいたりします。

また枕には、頭部を視点として寝返りを打ちやすくするという役割もあります。
枕がないと、うまく寝返りが打てなくなるのです。

枕の硬さ

そのほか枕が不眠に関係する場合、やわらかすぎるということがあります。
やらかいと一見、安眠しやすそうですが、そうではありません。頭が沈み込んでしまって、安定しません。枕は適度な硬さがあったほうが頭が安定するので、寝つきやすいのです。

テンピュールなどの低反発枕は、頭の自然な重さで沈み込み、その時点で適度な硬さに落ち着くのでオススメです。オルトペディコ枕も良質といわれています。

枕の幅

枕が不眠の原因にならないようにするためには、枕の幅も大切です。
枕の高さが十分でも、幅が小さいと、睡眠中に寝返りを打ったときに外れてしまいがちです。そうすると人はどうするか?なんと寝ているときに、無意識に枕を手繰り寄せて、その上に頭を再度乗せるのです。無意識にそんなことをしていては、眠りが浅くなってしまいますよね?

ですから快眠枕を選ぶときは、その機能だけに目を奪われるのではなく、適度な幅を持った枕を選ぶようにしましょう。頭三つ分の幅があれば、寝返りしても頭が落ちる心配がないので、それを目安にするとよいでしょう。

枕が合っているか見分ける

そのほか、現在の枕が不眠に影響していないかを見分ける方法があります。

  • 横向きでないと寝付きにくい
  • 朝起きたら、いつも枕が外れている
  • いびきをかく(咽頭や喉頭がせまくなるため)

これらは、枕が合っていない可能性があります。
とくに喉を圧迫すると、睡眠時無呼吸症候群になって心疾患や脳疾患へと発展しかねません。睡眠時間をしっかり取っているにもかかわらず、日中に耐え難い眠気を感じる場合は要注意です。すぐに病院に行って、不眠症の治療をうけたほうがよいでしょう。それほど重要な枕の高さです。今晩にでも、見直してみましょう。

不眠症を治療するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら