不眠症治療と改善ルームTOP > 不眠症を治す方法とは? > 不眠症の治療薬〜漢方も

不眠症の治療する薬について

 

ベンゾジアゼピン系の睡眠薬

不眠症の治療薬は現在、抗不安薬であるベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤や、抗ヒスタミン剤が主流です。

この睡眠薬は、大脳に働きかけて、興奮した感情を鎮める働きがあります。
昔の睡眠薬は、覚醒中枢がある脳幹に直接働きかけていました。そのため呼吸抑制や血圧の低下といった、ショック症状の危険が伴ったのです。

しかし現在の不眠症治療薬(ベンゾジアゼピン系)は、大脳辺縁系という感情を作る元の部分に働きかけます。昂ぶった感情を鎮めて、リラックスさせる作用が中心なので、それほど危険がないわけですね。

ただし、いくら危険が少ないからといって、漫然と服用していると、耐性がついてきて手放せなくなります。これを薬物依存性睡眠障害といいます。不眠症の治療薬なしには眠れなくなってしまうわけです。

不眠症の治療薬は、睡眠障害の症状によって使い分けます。
入眠困難には超短時間作用型や短時間作用型を使用します。中途覚醒や早朝覚醒には、中間時間作用型や長時間作用型を処方します。医師の診断を受けないと、処方されません。

そのほかの不眠症の治療薬

これ以外に不眠症の治療薬を手に入れるには、以下の方法があります。

  • 市販の睡眠改善薬
  • ハーブティー
  • 漢方薬
  • 食事から摂る

市販の睡眠改善薬は、医師に処方される不眠症治療薬よりも、効果が穏やかなのが特徴。全身の緊張を緩めて、血行をよくする作用が主体となります。それによって眠りの準備を整えるわけですね。日中の緊張が続いて、布団に入っても、どうしても気分が昂ぶっている時にいいかもしれません。

そのほかハーブティーを不眠症治療薬の代わりとすることもできます。
ハーブは西洋では立派な医療。セントジョーンズワートは、抗うつ薬としても使われていますし、他の薬との相互作用もあります。バレリアンは自然の眠り薬と言われ、量を多くすれば一般の睡眠薬なみの効果が期待できます。

漢方薬も不眠症治療薬として効果があります。
ただし漢方の場合は、不眠症だけを問題にするのではなく、その背後にある体調の乱れを整えようとします。おもに自律神経の乱れを整えて、自然治癒力の発揮を手伝ってくれるのです。ハーブも漢方薬も、睡眠薬のような副作用(翌日の倦怠感、健忘症)がないのが特徴です。

不眠症を治療するコツが書かれています↓
>> 不眠症で悩まずにぐっすりと眠る方法

  ( 不眠解消サプリはこちら